2010年02月28日

阿久根市長の降格人事は「違法」…公平委が判定(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の公平委員会は、同市の竹原信一市長が昨年4月の人事異動で降格処分とした市職員3人について、23日付で「違法な降任で、適材適所だったとは認められない」と異動を取り消す判定をした。

 判定では地方公務員法が「職員に不利益な処分を行う際、処分説明書を交付しなければならない」と規定していることを指摘し、「市は必要な手続きを行っておらず、法令、条例に違反した降任」などと結論づけた。

 3人は課長級から課長補佐級などに降格され、「理由がないまま不利益な処分を受けた」と昨年5月に申し立てた。

 昨年4月の異動では、計10人が参事から課長補佐、課長補佐から主幹などに降格された。

育てたジャガイモ食べて、児童11人食中毒(読売新聞)
飼料工場で爆発、7人重軽傷=溶接作業中−北海道・苫小牧(時事通信)
自民、参院選で元プロ野球の石井氏ら6人公認(産経新聞)
福岡県町村会裏金、広がる接待汚染…新たに3人(読売新聞)
<1票の格差>東京高裁判決 定数是正に早急な対応迫られる(毎日新聞)
posted by オオツ カズトク at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。