2010年04月21日

苦手分野に重点=実用問題も多数−学力テストが終了・文科省(時事通信)

 小学6年と中学3年を対象にした全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が20日、終了した。過去3回の調査で理解不足が判明した分野が重点的に出題されたほか、論理的な思考力や表現力を問う問題、実生活に即した設問が引き続き多かった。
 文部科学省は7月中下旬をめどに集計結果を公表する。
 テストは国語と算数・数学の2教科で、基礎知識を問うA問題と、知識を実生活に活用できるかを試すB問題がある。問題数はそれぞれ10〜36問で、昨年とほぼ同量だった。 

【関連ニュース】
全国学力テスト、7割が参加=抽出調査に移行
20日に全国学力テスト=事業仕分けで抽出調査に
学力テスト162万人参加へ=全公立校、13県で
空自談合の企業と契約=学力テスト採点業務
テスト点数かさ上げ=教員が誤答を書き換え

調査捕鯨の鯨肉 値下げし販売へ(産経新聞)
「一国の首脳に非礼」=官房長官、米紙に不快感(時事通信)
火山噴火 成田まだ混乱…炊き出しで市が支援(毎日新聞)
GWの成田利用者、前年比5%増=空港会社が推計(時事通信)
長崎警官重軽傷 容疑者を特定、殺人未遂容疑で指名手配(毎日新聞)
posted by オオツ カズトク at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。